前原貴憲 (Takanori MAEHARA)

English Version

最適化・数値計算を専門とする数理工学の研究者です.最近は主に機械学習・データマイニングへの応用を意識した研究を行っています.最近の研究成果について簡単な解説を書いていますので参考にしてください → (研究成果の簡単な解説).

研究業績

査読付きジャーナル論文

査読付き国際会議論文

その他

  1. 中島 蒼, 前原 貴憲 (2018): "束上のDR-劣モジュラ性による部分空間選択", 日本応用数理学会2018年年会, 名古屋, 2018年9月3日-5日.
  2. Takanori Maehara, Yutaro Yamaguchi (2018): "Stochastic Combinatorial Optimization with Queries", SIAM Conference on Discrete Mathematics, University of Colorado, Denver, Denver, Colorado, United States,June 4-8, 2018.
  3. Satoshi Hara, Tasuku Soma, and Takanori Maehara (2018): "Maximally Invariant Data Perturbation as Explanation", Workshop on Human Interpretability in Machine Learning (WHI'18), July 14th, 2018.
  4. So Nakashima and Takanori Maehara (2017): "Optimization from Non-Uniform Samples", in NIPS 2017 workshop on Discrete Structures in Machine Learning (DISCML'17), December 8th, 2017.
  5. 杉山太信, 前原貴憲 (2017): "PU-データに対するスパースSVMの同時セーフスクリーニング", 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017), ディスカッショントラック, 東京大学, 2017年11月8日--11日, 2017.
  6. 原聡, 石畠正和, 前原貴憲 (2017): "機械学習モデルの列挙", 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017), ディスカッショントラック, 東京大学, 2017年11月8日--11日, 2017.
  7. 恐神貴行, Rudy Raymond, Akshay Goel, 白井朋之, 前原貴憲 (2017): "動的行列式点過程", 第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017), ディスカッショントラック, 東京大学, 2017年11月8日--11日, 2017.
  8. 前原貴憲, 石橋保身, 大槻兼資, 藤井浩一 (2017): "機械学習を用いた MIP ソルバーのパラメータチューニング", 数理システムユーザコンファレンス, 2017年11月2日.
  9. Taishin Sugiyama, Takanori Maehara (2017): "Simultaneous Screening for Positive-Unlabeled Sparse Support Vector Machines", International Meeting on High-Dimensional Data-Driven Science (HD3-2017), Kyoto, Japan, November 10th--13th, 2017.
  10. 前原貴憲 (2017): "クエリ可能な確率的組合せ最適化問題", 第29回RAMPシンポジウム (招待講演), 筑波大学, 2017年10月12--13日.
  11. Takanori Maehara (2017): "Stochastic Packing Integer Programming Problems with Few Queries", France / Japan Machine Learning Workshop, Paris, France, September 11th--12th, 2017.
  12. 高邉賢史, 福島孝治, 前原貴憲 (2017): "最大カバー問題に対する確率伝搬法を利用したデシメーションアルゴリズム", 日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学豊中キャンパス, 2017年3月17日--20日.
  13. 原聡, 前原貴憲 (2017): "特徴量選択のためのLasso解列挙", 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会, 沖縄県市町村自治会館, 2017年3月15日--17日.
  14. 前原貴憲, 河瀬康志, 澄田 範奈, 東野 克哉, 河原林健一 (2017): "劣モジュラ評価関数をもつ最適価格付け問題", 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会, 沖縄県市町村自治会館, 2017年3月15日--17日.
  15. 福永拓郎, 前原貴憲 (2017): "頂点被覆重み最小化シュタイナー木問題", 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会, 沖縄県市町村自治会館, 2017年3月15日--17日.
  16. 今泉允聡, 前原貴憲 (2017): "非滑らかな確率密度関数の推定", 日本統計学会 11回春季集会, 政策研究大学院大学, 2017年3月5日.
  17. 前原貴憲 (2017): "ネット広告に対する予算配分問題とその周辺", ゲーム理論ワークショップ 2017, 電気通信大学, 2017年3月4日--6日.
  18. 前原貴憲, 鈴木浩史, 石畠正和 (2017): "BDDを用いた影響拡散の厳密計算", 基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト「2016年度 秋のワークショップ」, 札幌ガトーキングダム, 2016年11月20日--22日.
  19. 高邉賢史, 福島孝治, 前原貴憲 (2016): "最大カバー問題の統計力学", 日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学角間キャンパス, 2016年9月13日--2016年9月15日.
  20. Takanori Maehara and Mirai Tanaka (2016): "Extracting diversity via condition number constrained matrix factorization", The 5th International Conference on Continuous Optimization, Wed.B.5K, National Graduate Institute for Policy Studies, August 2016.
  21. 前原貴憲 (2016): "離散凸解析に基づく機械学習手法について", 応用数理学会中部支部講演会, 名古屋工業大学, 2016年6月11日.
  22. 前原貴憲, 大坂直人, 河原林健一 (2015): "成長するネットワークに対する高速ページランク計算", 応用数理学会2015年度年会, 金沢大学角間キャンパス, 2015年9月9日--11日.
  23. 前原貴憲, 矢部顕大, 河原林健一 (2015): "予算配分問題のゲーム理論的解析", 応用数理学会2015年度年会, 金沢大学角間キャンパス, 2015年9月9日--11日.
  24. 前原貴憲, 丸茂直貴, 室田一雄 (2015): "離散DC計画問題に対する連続緩和", 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 東京理科大学, 2015年3月26--27日.
  25. 高口太朗, 前原貴憲, 豊田正史, 河原林健一 (2015): "オンライン交流ネットワーク特有の特徴的なユーザー群の発見", 日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月23日.
  26. 前原貴憲 (2014): "行列の同時ブロック対角化法", 応用数学連携フォーラム第44回ワークショップ, 東北大学, 2014年11月27日.
  27. 前原貴憲 (2014): "SimRankの高速計算法と自然言語処理への応用", 自然言語処理と最適化, 九州大学, 2014年10月2--3日.
  28. Toshio Sakata, Toshio Sumi, Mitsuhiro Miyazaki, and Takanori Maehara (2014): "Tensor ranks from computational algebraic methods", NIMS Workshop, Daejon, South Korea, July 14th--17th, 2014.
  29. 前原貴憲 (2014): "巨大グラフに対する類似頂点対の高速列挙", 第43回数値解析シンポジウム, ホテル日航八重山, 2014年6月11--13日.
  30. 前原貴憲, 秋葉拓也, 岩田陽一, 河原林健一 (2013): "Computing Personalized PageRank Quickly by Exploiting Graph Structure", 第12回情報科学技術フォーラム, 鳥取大学, 2013年9月4--6日.
  31. 前原貴憲 (2013): "行列の数値的同時ブロック対角化アルゴリズム", 最適化ワークショップ: 拡がっていく最適化, 九州大学, 2013年2月18--19日.
  32. 前原貴憲, 室田一雄 (2012): "近似的同時ブロック対角化アルゴリズム", 日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会 第14回研究会, 筑波大学, 2012年11月20日.
  33. 前原貴憲, 室田一雄 (2012): "行列の同時ブロック対角化手法の最近の進展", RIMS研究集会「次世代計算科学の基盤技術とその展開」, 京都大学, 2012年10月23--25日.
  34. 前原貴憲, 室田一雄 (2010): "代数的対称性を利用した半正定値計画法の前処理", 第22回RAMPシンポジウム(招待講演),名古屋大学, 2010年10月28--29日, pp. 111--123.
  35. 前原貴憲, 室田一雄 (2010): "誤差制御付き同時ブロック対角化法の半正定値計画問題への応用", 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開」研究部会(SCOPE), 筑波大学, 2010年6月26--27日.
  36. 前原貴憲, 室田一雄 (2010): "誤差制御付き同時ブロック対角化法の独立成分分析への応用, 第39回数値解析シンポジウム, 鳥羽シーサイドホテル, 2010年5月26--28日.
  37. 前原貴憲, 室田一雄 (2010): "誤差制御付き同時ブロック対角化手法の独立成分分析への応用", 日本応用数理学会2010年度研究部会連合発表会, 筑波大学, 2010年3月8--9日.
  38. 前原貴憲, 室田一雄 (2009): "誤差制御付き同時ブロック対角化手法の半正定値計画問題への応用", 日本オペレーションズ・リサーチ学会2010年度春季研究発表会, 首都大学東京, 南大沢キャンパス, 2010年3月4--5日, pp. 124--125.
  39. 前原貴憲, 室田一雄 (2009): "誤差に強い同時ブロック対角化アルゴリズムとその半正定値計画および独立成分分析への応用", 日本応用数理学会2009年度年会, 大阪大学豊中キャンパス, 2009年9月28--30日, pp. 123--124.
  40. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2009): "Simultaneous Singular Value Decomposition", 6th Japanese Hungarian Symposium on Discrete Mathematics, Budapest, Hungary, May 16--19, 2009, pp. 247--255.
  41. 前原貴憲, 室田一雄 (2009): "同時特異値分解とその構造定理", 日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年度春季研究発表会, 筑波大学春日キャンパス, 2009年3月17--18日, pp. 44--45.
  42. 前原貴憲, 室田一雄 (2008): "行列*代数の数値的なブロック対角化アルゴリズム", 日本応用数理学会2008年度年会, 東京大学柏キャンパス, 2008年9月17--19日, pp. 13--14.
  43. 前原貴憲, 室田一雄 (2008): "行列*代数のブロック対角化アルゴリズムと半正定値計画問題への応用", 日本オペレーションズ・リサーチ学会2008年度秋季研究発表会, 札幌コンベンションセンター, 2008年9月11--12日, pp. 252--253.
  44. 前原貴憲, 室田一雄 (2008): "行列*-代数の数値的なブロック対角化アルゴリズム", 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化」研究部会(S@CO), 筑波大学, 2008年5月31日--6月1日.
  45. 舟田敏雄, 前原貴憲, 山下晋, 園田泰之, 田代直人 (2004): "粘性ポテンシャル流による Taylor 気泡の解析", 日本物理学会 2004年秋季大会, 青森大学, 2004年9月12日--15日.

Technical Report

  1. Soh Kumabe, Takanori Maehara, and Ryoma Sin'ya (2018): "Linear Pseudo-Polynomial Factor Algorithm for Automaton Constrained Tree Knapsack Problem", arxiv:1807.04942.
  2. Masakazu Ishihata, Takanori Maehara, and Tomas Rigaux "Algorithmic Meta-Theorems for Monotone Submodular Maximization", arxiv:1807.04575.
  3. Satoshi Hara, Kouichi Ikeno, Tasuku Soma, and Takanori Maehara (2018): "Maximally Invariant Data Perturbation as Explanation", arxiv:1806.07004.
  4. So Nakashima and Takanori Maehara (2018): "Subspace Selection via DR-Submodular Maximization on Lattices", arxiv:1805.07455.
  5. Tatsunori Taniai and Takanori Maehara (2018): "Neural Photometric Stereo Reconstruction for General Reflectance Surfaces", arxiv:1802.10328.
  6. Takanori Maehara, Naoki Marumo, and Kazuo Murota (2015): "Continuous relaxation for discrete DC programming", METR 2015-26, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, August 2015.
  7. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2013): "Valuated matroid-based algorithm for submodular welfare problem", METR 2013-31, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, December 2013.
  8. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2013): "A framework of discrete DC programming by discrete convex analysis", METR 2013-28, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, October 2013.
  9. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2009): "Algorithm for error-controlled simultaneous block-diagonalization of matrices", METR 2009-53, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, December 2009.
  10. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2009): "Simultaneous singular value decomposition", METR 2009-14, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, April 2009.
  11. Takanori Maehara and Kazuo Murota (2008): "A numerical algorithm for block-diagonal decomposition of matrix *-algebras, Part II: General Algorithm", Optimization Online, 2009. / This is a revised version of "A numerical algorithm for block-diagonal decomposition of matrix *-algebras with general irreducible components", METR 2008-26, Department of Mathematical Informatics, University of Tokyo, May 2008.

特許

  1. Information Processing Apparatus and Information Processing Method, US10,089,421

講義

講義

表彰

履歴書

学歴

職歴

社会活動

所属学会